So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

仮面ライダー⑨ [読書]


風都探偵 1 (ビッグコミックス)

風都探偵 1 (ビッグコミックス)

  • 作者: 三条 陸
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2018/03/30
  • メディア: コミック



風都探偵 2 (ビッグコミックス)

風都探偵 2 (ビッグコミックス)

  • 作者: 三条 陸
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2018/03/30
  • メディア: コミック


やっと風都探偵を読みました。
発売日に最寄の書店に2巻しかなく、近隣を回ってもなく、しょうがないからnetでと思ったがこれもなく、結局1週間ほど遅れてamazonで購入しました。

何でこんな品薄やねんといら立ちつつ待ちわびたコミックでした。
1.2巻同時発売なのが良かったですね。内容的にもそうだし、Wという事で主役が2人な事もそうですね。

TVで馴染みのキャラが活き活きと動いていました。それに新キャラが上手く合わさって、風の街を作り上げていました。
他所のレビューにもあった通り、画のデッサン狂いは確かに気になりましたが、こんなもんはそのうち上達するもんです。
漫画ならではの展開に期待したいです。

最近は映画やらVシネやら色々あって、キャラ文庫でラストの流れでしたが、その後のコミックとなると、もう次は何?状態です。
話が続いて嬉しいやら、お金がかかって苦しいやら。
いい時代になったもんだ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

ルパン三世⑥ [アニメ]


ルパン三世「ルパンVS複製人間」[Blu-ray]

ルパン三世「ルパンVS複製人間」[Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: VAP,INC(VAP)(D)
  • メディア: Blu-ray


パート5が始まりました。
嬉しいことに本編にマモーの映像が使われてました。
カリ城、パー3、TVSPの映像もあり、画面にはパー4の相関図もありました。
こういう地続き感は体温が上がりますね。

で、マモーです。
ルパンらしい映画という表現がピッタリですね。
皆かっこいい!
セリフ回しがいいんですよね。
OPで飛ばされた帽子を掴む次元に対して「しっかしお前さんもクラッシックだねぇ、いーかげんその帽子脱いだらどーよー?」(ルパン)
に対して、マモーのアジトへ向かうルパンを止める次元にルパン「俺ぁ夢ぇ奪われたからな、とりもしにいかにゃ。」「夢ってなぁ女の事か?」「じっさいクラッシックだよ、お前さんはぁ。」
サブイボ立ちまくりです。

後、次元の「なげぇ事モンローとボガードのファンだったが、今日かぎりだ!」も好きです。
次点は「フリチンてのはてめぇか?」(笑)です。
全部次元がらみやん。次元がかっこいいと物語が締まりますね。

傷ついた五右衛門の斬鉄剣に助けられるルパン、ルパンを守ろうとする不二子,狂気をはらんだとっつぁん、それぞれ素敵です。

そして巨悪の根源マモー。悪役の見本でしたね。

去年4DMXで上映された時に見逃してしまったのは未だに後悔しています。
またどっかで演って欲しいな=。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

鬼太郎② [アニメ]


ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル

  • 作者: 水木 しげる
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/03/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


鬼太郎が始まりました。
妖怪が主役なので、時代が変わっても同じキャラで違和感なくはまってます。
(猫娘には若干違和感が・・・)
いつの時代にも鬼太郎たち妖怪はいるんです。

1話の放送があった日に小さい子が「ゲ・ゲ・ゲゲゲのゲ~♪」と道で歌ってました。
お、小さい子なのによく知ってるなと思って聞いていると、途中から
「じぇ・じぇ・じぇじぇじぇのじぇ~♪」となり、「お母さん、じぇじぇじぇってどういう意味?」
って聞いてました。(笑)ミラクルなコラボでした。

鬼太郎に続いてルパンやキャプつばも始まり、バカボンまで始まるそうな。
なんか昭和祭りでおいちゃんはうれしーぞ。

nice!(0)  コメント(0) 

マーベル① [映画]




WOWOWで視聴。
色んな種族が宇宙で活躍する作品は楽しいですね。
今回もアクセルやグルートが色々やらかしてくれます。
次回のアベンジャーズにも登場するようで、賑やかさが増し増しですね。

ユニバースの盛り上がりは、DCよりマーベルの方が一歩進んでますね。
ドラマや映画が上手く絡み合って盛り上がってます。
DCは何故か、ドラマと映画が別物になってしまってもったいない感じです。

このまま夢のマーベルVSDCへ誰か繋げてくれないかしら。いざアマルガムユニバースへ!

ガメラが東宝配給になった時にゴジラVSガメラも夢じゃないと思いましたが、まだ実現してません。
お祭りは賑やかな方がいいに決まってるので、諦めずに実現を祈りたいですね。

という事でお祭りの中心でガーディアンズ達に大暴れし続けて欲しいです。
nice!(0)  コメント(0) 

アンナチュラル [ドラマ]


アンナチュラル Blu-ray BOX

アンナチュラル Blu-ray BOX

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray


今シーズンで唯一観ていたドラマがアンナチュラルでした。
前評判も良かったし、法医学ミステリーだし、石原さとみだし、で観ましたが、
世間的にも大絶賛されてました。

色々面白かったポイントはあるかと思いますが、物語はキャラがたってナンボだと思います。
キャラをたたせるには、キャラを尖らすのが一番なんですが、尖り過ぎると「イっちゃてる人」になって「ンなアホな」という事になります。
このドラマはそのバランスが見事でした。
それぞれに尖ったところがあり、現実離れせず、上手く噛み合って転がっていました。

多分ノベライズされるととても面白いんじゃないかと思います。
極上のエンターテインメントでした。
nice!(0)  コメント(0) 

細野不二彦① [読書]


さすがの猿飛G (1) (ヒーローズコミックス)

さすがの猿飛G (1) (ヒーローズコミックス)

  • 作者: 細野不二彦
  • 出版社/メーカー: ヒーローズ
  • 発売日: 2018/03/05
  • メディア: コミック


肉丸君が帰ってきました。
懐かしいですね~。チョット絵に違和感はありますが。
当時アニメも大好きで毎週見てました。
んで、原作も面白く、何年か前に古本市でセットを購入していました。

さて成長した肉丸&魔子ちゃんがどんな物語を紡いでくれるのか。
個人的には美加に早く出てきてほしい(笑)
ゆっくり楽しみたい作品です。
nice!(0)  コメント(0) 

仮面ライダー⑧ [特撮]




トリロジーのラストが上映されました。
とうとう終わっちゃいました。
最後はバグスターとなった2人の物語。
2人それぞれの結末が待ってます。
割とストレートな物語で、考え込まずに楽しめると思います。

最後のアレは夢だったのか、それとも・・・
いい終わり方だったと思います。

これでエグゼイドの物語も全て・・・・
あ、まだキャラクター文庫があった。何でもこの後のはなしになるそうで、アレの謎も解けちゃうのかな?

また改めてトリロジー一気見したいと思います。
nice!(1)  コメント(0) 

ルパン三世⑤ [アニメ]


LUPIN the Third 峰不二子という女 BD-BOX [Blu-ray]

LUPIN the Third 峰不二子という女 BD-BOX [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: Blu-ray


不二子ちゃんメインの番外作品です。
キャスト陣が一新されて初のレギュラー放送でした。
内容までアダルトに一新されてたので、とまどいましたが、いわゆるLUPINtheⅢRDシリーズの開幕でした。
深夜枠での利点を活かした作品作りがなされており、♂♀な表現も目いっぱいでした。

1st~パー3まではコミカルさ増し増しの流れだったので、ガラリと方向性を変える事に成功したシリーズと言えるでしょう。

ルパンの持っている地力というか、ふり幅の広さというかを改めて再認識させられましたね。
この後、次元、五右衛門と続きますが、よく考えたらまだルパンが主役はってないやん?
でも次は銭形かな~?
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

ジョジョ② [読書]


ジョジョの奇妙な冒険 第1部 ファントムブラッド Blu-ray BOX<初回仕様版>

ジョジョの奇妙な冒険 第1部 ファントムブラッド Blu-ray BOX<初回仕様版>

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray


熱血!ジョナサン・ジョースター
アニマックスで再放送が始まりました。もう定番ですね。

連載が始まったのは調度中学を卒業して、高校生活が始まろうという時でした。
同級生の家で「バオーの荒木飛呂彦の新連載が始まる」という事でワクワクしながら読みました。
巻頭カラーの石仮面に持っていかれました。

それからはや、ン十年未だに持ってかれっぱなしです。

一部はジョナサンとディオの青春物語です。
光と影、炎と氷、正と悪、表裏一体な2人の物語。
後に一体となるのは必然だったのでしょう。

コミックを読んでるときは、波紋のシーンで、読み仮名通りに読んでました。
つまり、「サンライトイエローのオーバードライブ」って言う風に「の」が入って脳内音声化されていました。
アニメになって「サンライトイエローオーバードライブ」って言われると、自分の中で少しリズムが狂ってしまいます。

という訳で、コミックを読むときは「の」を入れるのが自分の正解となっています。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

ディズニー① [映画]


モアナと伝説の海 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

モアナと伝説の海 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: Blu-ray


WOWOWでモアナと伝説の海を観ました。
ディズニーのCGアニメは進化が止まりませんね。
綺麗さや、本物っぽさは勿論ですが、話自体の面白さや、爽快感といいましょうか、そんなのも素晴らしかったです。

日本のCGアニメは何故かリアルっぽさにこだわるあまり、キャラが人形っぽくて馴染めないものが多いんですが、モアナ達の表情の豊かさといったら◎

イヤ、日本は手書きアニメこそ世界に誇れる作品がーと息巻いてみても、手書きの雄ジブリも千と千尋以降は伸び悩んでいるし・・・。

でも新海作品とか、京アニとか新しい柱になってくれそうな作品群が伸びてきてもいます。

何が言いたいのかというと、ジャパニメーションも油断できない状態になっていて、そのうち昔は良かった状態になる危険があるなぁと思ったって事なんです。

その位、非の打ちどころのない素晴らしい作品だったという事です。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -